Profile

Author:naka
FC2ブログへようこそ!

カメラマンが伝えるストックフォト情報撮影・毎月の売上げなど書いています。
検索フォーム
  • 2014/08/02/Sat 02:07:30
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:撮影

PENTAX 645Dでストックフォト

645d.png

先日中古で安くなったPENTAX645Dで撮影してみました。
上の写真は、その645Dで撮ったもの。

一日使ってみた感想ですが
使えない事は、ないけど書き込みが遅過ぎる・・・
って感じです。

7〜8枚連続して撮るとバッファーがフルになってしまい
カメラがフリーズしてしまいます。
転送速度の早いSDカードを入れていますが
シャッターが切れなくなる事が多々ありました。

諧調とか解像力は、なかなか素晴らしい。
画面の比率も個人的に安定感があって好き。
(35mmの2:3比率が苦手です)

こうなると645Dを早々に売って
最新の645Zを買うしかないのかもしれません。
こうなるともう趣味の世界ですね・・・。

2014年7月分ストックフォト売上げ

2014年7月分ストックフォト売上げ(手取り)


PIXTA 
964枚 6.691.50クレジット 722.682円 (平均単価 750円・1クレジット108円)
3点(ムービー) 69.75クレジット 7.533円(平均単価 2.511円・1クレジット108円)

Imasia
343枚 137.05クレジット 14.801円 (平均単価 43円・1クレジット108円)

Fotolia 
1946枚  1674.06クレジット 251.109円 (平均単価 129円・1クレジット150円)


Shutterstock 
647枚 499.06ドル 50.904円(平均単価 79円・1ドル102円換算)


フォトライブラリー
91枚 35.748円 (平均単価 393円)


iStockphoto
11枚 7.78ドル 794円(平均単価 72円・1ドル102円換算)


123RF 
52枚 32.58ドル 3.323円(平均単価 64円・1ドル102円換算)



全社合計 1.086.894円(1ドル102円換算)
前年同月比 221%(前年同月491.008円)


note 売上げ 30.500円
(全社売上げには含まない)

naka note
ブログには書けないストックフォトで稼ぐノウハウを販売中。


naka facebookページ
ブログとは別にタイムリーな情報を更新しています。
FBをやっている方は、ページ右上の「いいね!」を押して下さい。
ご自身のニュースフィールドに更新情報が出る様になります。

naka Twitter

自分の所有してるスタジオをストックフォト向けに格安にてレンタルしています。
ご興味のある方は、下記より詳細をご確認下さい。
nakaスタジオレンタル
  • 2014/07/28/Mon 01:02:48
  • COMMENT:1
  • CATEGORY:撮影

ライティングセミナー(PIXTA後援)

10382169_583684178407733_2708401120106831511_n.jpg

本日ライティングセミナーを行わせていただきました。
50名弱の参加者にお越しいただき
ストロボの使い方から光の理論
1灯〜2灯〜多灯と実際に組んでみて
モニターで確認してもらいながら行いました。

アンケートも書いて貰えたみたいなので
感想を貰うのが楽しみです。

参加者の皆様、モデル・スタッフの皆様
ありがとうございました!!

振り返りと今後

とりあえず売上げも大台の100万円に乗ったので
ストックフォトな日々の5年間を勝手に振り返ります。

スタートは、2009年8月頃コマーシャルフォトに載っていた
iStockphotoの特集記事をみて、マイクロストックフォトの存在を知り
色々な会社に登録をはじめました。

最初は、ブログ用に撮っていた写真をちょこちょこ上げてみましたが全く売れず
そこからストックフォト用に仕事の合間をみて撮影してみたりもしました。
ただマーケティングを意識せずだったのでこれも大して売れず。
だったら人物を撮ってみようと初めてストックフォトでモデル撮影をしてみたら
ぽろぽろ売れる様になりました。

その頃から複数のストックフォト会社から声をかけてもらう感じに。
その中でストックフォト的な撮影の仕方を聞いたり教えてもらったり。

なんだかんだで
2010年の末には、月10万円ほど手取りが出る様になってきました。
2011年は、広告の撮影などが忙しく海外などもよく行っていたので
ストックフォトを少し放置していました。
この年末で月15万円程までしか上がっていません。
2012年からちゃんと再開した感じで年末には、月33万円までアップ。
昨年2013年の末には、月60万円まで上がってきました。
そして、約5年かかって先月に月100万円の手取りまで到達しました。

メインの撮影は、他に沢山あるので
今も片手間に空いている時間でストックをやっていますが
なかなか馬鹿に出来ない金額になってきました。

2009年〜2011年頃は、周りのカメラマンからは
「ストックフォトなんて仕事にならない」
「経費かけて時間取られて利益にならない」
なんて事を色々言われましたが全部無視して
コツコツやってきました。

始めた当初は、世界的なマイクロストックマーケットの伸びと
(日本の写真業界は、世界の4〜5年遅れて動いている)
まだ自分は、アーリーアダプターの位置に居たので
続けていけばある程度の数字は、出るだろうと踏んでいました。
マーケットが広がってきている今から見れば
当時アーリーアダプターではなくイノベーターに近い位置にいたのかと
今になって思います。
その頃にブログなどをやっていた方、インフルエンサー達と繋がりをもてたのも
後に大きな影響がありました。

国内マイクロストックのマーケットでも
2012年頃に認知度が上がりキャズムが起きたと思っています。
急激に購入者も増え、参加者も増えた様に思います。
この段階までにある程度ポートフォリオを形成出来ていた方々は、
今も売上げ上位を保持しているかと思います。
ただキャズムが起きた事で素材提供者側にも変革が求められたかと。
そこで対応しきれなかった方は、アーリーアダプターではありましたが落ちて行くのを見ました。
変革などと言っても明確に何をとは言われませんから
求められる事を察した方が残っていると思います。

2014年の今、新規参入する方を見ているとレイトマジョリティーな感じですので
保守的なプロのカメラマンの参入も増えてくるかと思います。
ただwebを見ているとアリーアダプター達がやっていたブログなど閉鎖されまくっていますので
今始めるには情報が少ないので保守的な層がどこまで動くのか読めません。

マイクロストックのマーケットもまだ頂点が見えない感じです。
上位の人たちを見ていると出せば出すだけ売上げは、全員上がる状況で
新作投入よりもマーケットの広がりの方が早く感じます。
いつ頂点かは読めませんが現状まだまだ伸びる様です。

ただ上位者達が金持ちの理論で更なる投資スパイラルを続ける限り
数年前に比べると新規参入の壁は、更に高くなっていくだろうと思います。
自分自身2009年に始めた頃は、少しマーケットを意識して撮ればすぐに売れましたから。

今後、上位者は更に売り上げが上がっていくと思いますし
新規参入の人との差が開いていくかと思います。
ただ消費社会・資本主義の限界は、どこかで必ず出てくるので
マイクロストックの頂点も出てくるかと思います。
それでも残って行ける様にコツコツやるしかないのですが。

今後どうなっていくのか楽しみでもあり怖い部分でもあります。

さて、タグ付けでもやろっと・・・。

追記:ストックフォトライティングセミナー(PIXTA後援)

来週27日に行われるライティングセミナーですが
募集開始から数時間で予定定員を超えてしまったので
自社スタではなく大きなスタジオを借りて定員を増やす形に変更になりました。

セミナー内容は、週明けにPIXTAと打合せしてきます。
まだまだ募集をしていますので興味のある方は、是非。


PIXTAライティングセミナー
 
にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ
ブログランキングの
応援クリックをお願いします。




写真素材 PIXTA



Stock Photos from 123RF