Profile

Author:naka
FC2ブログへようこそ!

カメラマンが伝えるストックフォト情報撮影・毎月の売上げなど書いています。
検索フォーム

PIXTA動画

動画素材を欲していると思われるPIXTA。
(最近動画動画ばかりメールが来るのでそう感じる・・・)
ちょこちょこ動画を撮っては、アップしているのですが
いつのまにかMP4受け付けなくなっていた。泣
確か前って受け付けていた様な・・・勘違いですかね。

いくら待っても反映されないので調べたらこれでした。
movに書き出しのやり直しか。

動画は、色々まだ勉強しないとな〜と痛感しています。

動画アップしても売れる感がまだまだしないですが
当面1000カット登録を目指してゆるりとやっていこうと思います。
報われる日が来る事を願って。

マーケティングを勉強する

数年前「もしドラ」とかでマネージメントとか流行りましたが
読んだ方は居ますでしょうか?
実はそんなに業界的にドラッカーって有名じゃないとか噂も聞きます。
日本だけの流行りなのでしょうか。

まっそんな話は置いておいて
マイクロストックでマーケティングは有効か?
自分の答えとしては、有効です。

と言う事で参考になる本をリンクしておきます。


金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキ、シャロン・レクター(公認会計士) 他

商品詳細を見る


色々とイワクツキの金持ち父さんですが
普通に読めばそれなりに分かりやすく
ストックフォトに適用する事が出来ます。



コトラーのマーケティング・コンセプトコトラーのマーケティング・コンセプト
(2003/05/02)
フィリップ・コトラー、恩藏 直人 他

商品詳細を見る


コトラーのこの本は、薄い方で読みやすいので
最初にマーケティングを勉強するのにおすすめです。


ストックフォト入門的な本を読んだ後は、
これらの本を読む事をおすすめします。

マイクロストックで採算を取っていく考え方・取り組み方

ビジネスとしてマイクロストックフォトを考えた時に
まず最初に思うのがi枚数十円〜数百円の利益で儲かる訳が無い
って事かと思います。

趣味で「まぁ売れたら面白いか」とか
「月数千円のお小遣い程度入ればいいや」なら
それはそれでいいのですが・・・。
ビジネスとしてある程度儲けたいと思うなら
ちょっと考え方を変えて取り組んだ方が結果が付いてくるかと思います。

まず最初に述べた様に1枚当りの利益は、雀の涙程度です。
これは、マイクロストックなので分かって参加しているでしょう。
利益率の低さに文句を言っても始まらないので置いときます。

マイクロストックは、簡単に言うと
「薄利多売」

って事は、当たり前ですが多く売らないと利益が出ないです。
じゃあ本題のどう考えて採算を取っていくか。

色々やり方は、ありますが参考になるでしょうか?


1:ヒット作を作って1枚の写真を多く売る

大体の人がこれを目指しているかと思います。
自分も結構これに入ります。
イメージとして大振りでホームランばかり狙う感じです。
人物のイメージを撮っている人もこれが多いかと思います。
当たれば大きいです。


2:1年に一枚だけ売れる写真を狙って作る

毎日売れるヒット作を作るのではなく
1年に一回だけ売れる写真を大量に作る
細かくコツコツと積み重ねる売り方です。
ロングテールで売る事を狙います。


3:各テーマの占有率を上げて売る

狙ったテーマの占有率をあげて売れる確率を上げる売り方。
「このテーマなら負けない」と言うのを集中的に作っていく。
ビジネスとして職種が特化していて他社を寄せ付けない会社と一緒です。
継続的に集中してコンテンツをアップしていく事で
確固たる占有率を作り出す事が出来ます。
一度完成してしまえば安定的な販売が見込めます。
占有率の話は、過去に書いてあるので探してみて下さい。

自分が頭の中にあるやり方は、この3つ位です。
もう少し細かく考えている部分もありますが細か過ぎるので割愛します。

では、仮説を立てていきましょう。

1ですが毎日1枚100円で売れる写真を100枚ヒットさせれれば
毎日1万円の利益です。
月に30万円、1年で360万円の利益です。
ただヒット作を100枚作るのは色々と難しく運の部分も多分にあります。

2ですが1年に1枚しか売れません。
それで良いと割り切って写真をコンテンツをアップし続けます。
365枚作れば1日に100円(1と同じ金額設定)の利益です。
では、これをコツコツとやって100倍の36500枚保有しているとします。
1年に1枚しか売れませんが1日で100枚売れます。
と言う事は、毎日1万円の利益、月30万円、年360万円。
1と同じ金額を稼げます。

3です。
ここまで来ると何となく分かりますよね。
1テーマで1日に1枚売れる占有率の高いテーマを作れば1日100円です。
これを100テーマ作ります。
これで1、2と同じく1日1万円、月30万円、年360万円。
3のちょっと違う所は、占有率が高ければ1テーマでもっと売れます。
特にビックキーワードでは。
2〜3枚毎日売れるとすると50〜33テーマ程度で同じ金額になります。


と言う感じで自分の場合、1を狙いながら2、3も落とし込むと言う感じで
ストックフォトに取り組んでいます。

机上の空論だろって思われるかもしれませんが
騙されたと思ってやって見て下さい。
PIXTAでも売れている人は、これを意識しているのか無意識なのか分かりませんが
大体この3つの方式に当てはまっています。



なんか書き終わってnoteの方に書くべき内容だったかな?なんて思う内容になってますね。
まぁいいや・・・。

コピーをする人、しない人

ストックフォトで他人のコピーを繰り返す人が結構多いですが
そんな事してても売れない又は、将来伸び悩むと言う事に気付いていない様です。

売上げ上位の人達を見ていれば独創的な事を行っている人も多く
今伸びて来ている人も同じく独自の売りやテーマを持っています。

コピーを多くしている人は、中堅以下に多く見られ
売上げ上位の人のテーマや写真を忠実にコピーしようと一生懸命です。
JMSや合同撮影などで色々な人の現場を見て来ていますが
売れている写真のスクリーンショットなどを持ってきて見ながら撮影している事があります。
これって法的(著作権法)にも駄目駄目なんですが
ストックフォトのシステム的に何故コピーをしても売れないのかを書いてみます。

「サイトのシステム上の問題」
まず既に売れている写真は、システム的に上位表示が優遇されます。
これは、どこのサイトでも同じで売れる写真は上位へ
売れない写真は、下へ下げて行きます。
後から売れている写真と同じものを撮っても参考にした写真を抜く事は、ほぼ無理です。
オリジナルを抜いたコピーと言う物も数枚知っていますが
何百万枚ある中で数枚ってほぼ無理と言っていいでしょう。
コピーするだけ無駄です。

「不完全なコピー」
オリジナルが何故売れているのか分からず
なんとなくの絵だけを見てコピーをする。
なんでそれが売れているのか?
売れるテーマだから?
いい写真だから?
それだけじゃ売れないのは、上位の人程知っています。
売れる意味が分かっているから作れた訳で
絵だけ似せて重要な部分が不完全でコピーにもなっていない事が多い。
これじゃ売れません。

「技術的な問題」
オリジナルが技術的に低ければ超えれば良いだけですが
そのオリジナルよりも状態の悪い写真をコピーで出す。
誰でも分かりますが売れません。
超えたとしてもサイトのシステムの壁が次に待っています。

その他にもありますが面倒くさいので割愛。

売れよう売ろうと思って良かれとコピーしているのでしょうが
短期的に売れたとしてもロングテールで売れる事もなく
すぐにシュリンクして経費すら回収出来ずマイナスになるかと思います。
ストックフォトは、利益率が低いのが特徴でもあるので
ロングテールで売らないと利益など出ません。

コピーを続けている人は、すごく遠回りをしていると思って間違いないです。
コピーする物を探している時間があるなら
頭を使って独創的な物で売れる写真を考えた方が
長期的に見て売れる近道になります。

一つ事例で今一人ストックフォトを教えている人がいるのですが
PIXTAの登録が1000枚くらいでそろそろ販売枚数の月間100位以内に入りそうになってきました。
かなり独創的な写真で他人のコピーは、一切やっていないです。
写真もプロの技術は持っていません。
頭を使ってクリエイティビティを出せば
たった1000枚だけで100位以内に入れると言う事ですね。

2014年8月分ストックフォト売上げ

2014年8月分ストックフォト売上げ(手取り)


PIXTA 
760枚 5.656.50クレジット 610.902円 (平均単価 804円・1クレジット108円)
2点(ムービー) 63.00クレジット 6.804円(平均単価 3.402円・1クレジット108円)

Imasia
697枚 278.80クレジット 30.110円 (平均単価 43円・1クレジット108円)

Fotolia 
1763枚  1586.37クレジット 237.956円 (平均単価 135円・1クレジット150円)


Shutterstock 
649枚 369.41ドル 38.419円(平均単価 59円・1ドル104円換算)


フォトライブラリー
63枚 32.562円 (平均単価 517円)


iStockphoto
5枚 3.54ドル 794円(平均単価 74円・1ドル104円換算)


123RF 
45枚 25.29ドル 2.630円(平均単価 58円・1ドル104円換算)



全社合計 960.177円(1ドル104円換算)
前年同月比 207%(前年同月464.737円)


note 売上げ  0円
(全社売上げには含まない)

naka note
ブログには書けないストックフォトで稼ぐノウハウを販売中。


naka facebookページ
ブログとは別にタイムリーな情報を更新しています。
FBをやっている方は、ページ右上の「いいね!」を押して下さい。
ご自身のニュースフィールドに更新情報が出る様になります。

naka Twitter

自分の所有してるスタジオをストックフォト向けに格安にてレンタルしています。
ご興味のある方は、下記より詳細をご確認下さい。
nakaスタジオレンタル
 
にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ
ブログランキングの
応援クリックをお願いします。




写真素材 PIXTA



Stock Photos from 123RF