Profile

naka

Author:naka
FC2ブログへようこそ!

カメラマンが伝えるストックフォト情報撮影・毎月の売上げなど書いています。随時モデルを募集しています。お気軽にお問い合わせ下さい。
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多人数か?少人数か?

と言うのは、マイクロストックにおける人物撮影で
モデルさんの人数を増やして多人数にして経費をかけていくか?
人数を少数で抑え経費を抑えて行くか?

ここ最近のPIXTAの専属さん達の動向を見ていると
多人数の方向にかなりシフトしている様に思いました。
確かに多人数だと売れる確率は、上がります。
ただ1枚単価で言えば多人数だろうが少人数でも同じなので
多人数の場合、販売枚数を増やさないと採算が合いません。

モデルさん1名2万円と仮定して
1名のみの撮影であればメイクさんとアゴアシ含め
スタジオ無しで1回5万円程度の経費です。

これがモデルさん4~6人になれば
スタジオ無しでも1回11万~15万円程度の経費。
レンタルスタジオ借りれば合わせて20万〜30万程度。

単純計算で2〜6倍の販売枚数を売らないといけません。
多人数撮影の方が売れるのも確かなのですが
経費を掛けすぎるとマイクロでは、元が取れなかったり
元が取れても採算が合うまで時間がかかってしまいます。

30万掛けるとして
1:モデル1名 x6回 3000枚アップ
2:モデル6名 x1回 500枚アップ
(※1回撮影で500枚計算)
1なら1枚平均100円の売上げで損益分岐点
2なら1枚平均600円の売上げで損益分岐点
になります。

多人数撮影を広告宣伝費と考え
販売者としてのブランド化をしていき
少人数撮影で採算を合わせて行くと言う方法も考えられます。

少人数撮影で確実に採算を取りながら進めていく方法もありますが
今後モデルさんが1名の撮影をしても売れにくくなっていく可能性もあります。

この辺りは、全体の供給バランスと購入者の需要状況を予想しながら
ベストバランスを考えて撮影を組んでいきたいと思います。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

 
にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ
ブログランキングの
応援クリックをお願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。